交渉と裁判

Pocket

交通事故に遭った時に弁護士を使うことがあるでしょう。その時に注意して欲しいのが交渉と裁判の料金の違いです。その点に注意して弁護士を利用するようにしてください。

弁護士の基本的な金額は着手金と報奨金です。着手金は簡単に説明すると依頼料金のようなものです。成功に限らず支払われる金額となります。報酬金は成功報酬となっていますので、失敗した場合などは支払いが異なることになります。これが基本的な弁護士の金額になります。

次に、交渉と裁判の違いですが、あたりまえのことですが交渉と裁判では仕事量がことなります。基本的には裁判の方が大仕事なりますので、これの依頼をする場合はそれなりに依頼料が高くなります。どのようになっているかはその弁護士によって異なります。ちなみに、弁護士によっては、裁判時の着手金なしのところがあります。その場合は着手金なしで報酬金だけを貰うというところがあります。もちろん、着手金ありのところもあります。どちらが良いかと言うのは様々ありますのでよく考えて利用するようにしてください。

裁判の依頼料金ですが、これは賠償額によって異なります。それに応じた金額を着手金や報酬にしているので、しっかりと弁護士に聞くようにしてください。少なくとも交渉よりも高くなることが多くあります。